ユベントス 2017-2018 シーズン ユニフォームのデザイン

ユベントスHOMEモデルは、1980年代の「同一ピッチの縦縞ライン」、背面は黒一色のデザインを採用。AWAYモデルは、クラブが多大なる成功とタイトルを獲得した80年代を彷彿とさせるデザインを採用。1976年から1986年まで続く長期政権下に多くの栄誉をもたらした。まず、初年度の1976-77シーズンにクラブ初の欧州タイトルとなるUEFAカップで優勝。セリエAでもコンスタントに優勝し、1981-82シーズンに通算20回目のリーグ優勝を達成。1983-84シーズンにUEFAカップウィナーズカップで初優勝。1984-85シーズンの現UEFAチャンピオンズリーグにおいて、3度目の決勝進出で初勝利し、念願の欧州チャンピオンに輝いた。

2017/18 シーズンのユニフォームが発表されることは非常に注目です。シンプルなデザインが採用されており、しかし、以前のユニフォームと大きな変更はなかったと言えるでしょう。

以前ユニフォームのデザインにも「黒字に白枠」、ユベントス2017-18ホームユニフォームは、「白字に黒枠」という形を使用している。ユニフォームのデザインはブラックとホワイトの縦縞を採用し、胸前にはスポンサー名前「JEEP」をプリントし、左胸にはチームエンブレムを圧着して、メーカーロゴ「ADIDAS」は右胸に刺繍する。襟なし、ボタン付き、閉開可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です